メンタルヘルスの不調は、心の風邪と同じです。

誰もが、ふとしたことから心の風邪をひいてしまう可能性があります。

心の風邪は、目には見えないものだから、気づくのが遅くなることもあります。

それに、つい我慢してしまうこともあります。

誰もが起こりうることだから、1人で苦しまないで、

軽いうちに、できる対処もたくさんあります。

頑張りすぎないこと、肩の力を抜くことも、その一つです。

1人で背負わないで、背中の荷物をおろしましょう。

慢性的に緊張している肩こりや首コリを、内側からゆるめてあげましょう。

簡単にセルフケアができるハンモックピローを上手に使って、

いつでも、どこでも、セルフケアができる環境を整えましょう。

メンタルヘルスの不調は、誰もが起こしうる心の風邪。

だから、暗くならずに、もっと明るく、皆で予防しましょう。

企業なら、従業員に午前に10分。午後に15分の休憩をとらせましょう。

誰もが、身体を延ばして、姿勢の歪みを整えて、頭をすっきりさせて、仕事に集中できる環境を作りませんか。

その方が、よりクリエイティブに、よりミスの少ない仕事ができるでしょう。

明るく、解放された考え方と環境を、企業が率先して作りましょう。

働く人が人間らしく、クオリティーを高めながら仕事をすることができれば、

企業も社員ももっと元気に、良い方向に進めるはずです。

アメリカでもトップ企業は、当然のように行っています。

明るくメンタルヘルスに向き合って、健康経営の体制を整えましょう。

S__4071448